安田美香子バレエ団 バレエスクール

2017年4月12日水曜日

バレエもまるで桜のお花

美しい桜を見に先日、夫であり代表でもある哲さんとお花見に
出かけました。
行きよりも帰り道の桜の方がとても美しく、何故か桜の木と心が
通じて見送ってくれている様に感じました。

桜の木が「私達のことをバレエにして下さってありがとうございます。」
と言ってくれている様にも感じました。

咲く時を1年間待ち続け、3~4日しか咲かない桜・・・・・・・
満開の桜でもどこか哀愁が漂っているのは何故でしょう。

長い努力の上にやっと咲き、あっという間に終演を迎えるバレエも
まるで桜のお花みたいと思いながら帰って来ました。

桜が目に沁みます。

美香子先生より

2017年4月6日木曜日

もうすぐ満開の桜

構想約10年のバレエ「Sakura 桜」がいよいよ今年咲くことになりました。
 
満開でも桜は何故か哀愁があります、その儚げな感じが大好きでいつか
バレエ化したいとずっと思っていましたが、なかなか叶わなかったのです。
 
「桜の咲く頃帰るよ」と言った騎士を待ちつづける桜の姫君の精神美と愛する
人と別れ、夢破れた者の喪失感を出せたらと思います。
 
大変な演技力と詩的センスが必要なので自分への挑戦となります。、
 
同時上演の「フラワーフェアリー」は次の世代のバレリーナを大活躍させられる
作品なので、安田バレエが総力を上げて取り組みます。
 
 
"能力とは情熱である"という言葉が脳裏をよぎります。
 
 
 
美香子先生より

2017年2月17日金曜日

雪を纏った彦根城

みなさんこんにちは、ちひろです!
 
バレンタインも終わり、春が待ち遠しい季節になりましたね。
 
私はいま滋賀の彦根にある大学に通っていますが、
国宝である彦根城のとなりに学校があり、毎日お堀に沿って通学しています!
こんなにも近くでお城を感じて生活することがなかったのでとても新鮮で、
季節や時間によっていろんな表情が見受けられるので面白いです!
 
うっすらと雪を纏った彦根城は、季節を感じられ趣があるので好きです◎
冬の彦根城も素敵ですが、春の彦根城はもっともっと素敵です!
桜が鏡のようにお堀に反射している光景は、観光客だけでなく多くの人の
足を引き止めています。私も学校帰りにパシャパシャしてました(笑)
 
満開の時も素敵ですが、散り際の、お堀が花びらで埋め尽くされる景色には
思わずカメラを向けてしまいます。
 
是非桜が綺麗な時期に彦根城に来てみてください!
私も時間がある時に全国のお城を巡ってみたくなりました。
 
今回の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の直虎は後に彦根を治める井伊直政
を育てた人物として知られています。井伊家は彦根に大きく関わっているので、
大河ドラマも是非チェックしてみてください◎
 
まだまだ寒い日が続きますので体調には気を付けて過ごしましょう!
 
 
千尋
 

2017年2月6日月曜日

「2017年の目標」

お久しぶりです!

あっという間に2月になり、暦の上では春になりましたが
まだ寒さが続きます。春が待ち遠しいです(^ ^)

去年は、みんなも沢山の経験をつんだことでピルエットが
一回転多くできるようになったり、足が高く上げれるように
なったりとできることが多くなり、成長を感じることが出来ました。
今年も、目標を立てて一歩ずつで良いので一緒に目標を
達成出来るように頑張りましょうね!

私は、美香子先生や代表や沢山の先輩方がつなげてくださった
第22回公演を成功させること、そして講師として楽しいレッスン
にすることを目標に努力していきたいです。
「フラワーフェアリー」全幕は美香子先生の中にある、温かさや
優しさがとても感じられる作品なので、ご来場頂けるお客様や
友人、家族に伝えられるように表現したいと思っています。

また、「Sakura桜」は美香子先生が長年温めていらっしゃった
作品ですので、私もとても楽しみにしています。

努力は絶対に自分を裏切りません。みんなにそれを証明出来る
ようにわたしも一生懸命、公演に向けて頑張ります。

まだ寒さが強いため、怪我もしやすいので健康管理やストレッチ
をしっかりしてくださいね!

 
 
みなみ
 

2017年2月2日木曜日

今年の目標

明日は節分で正確には明日から新しい年になります。
 
私は今年の7月8日の第22回公演の開催を大変喜んでおります
9年間待ち望んでいた「Sakura 桜」の上演と、若手バレリーナ
大人気の「フラワーフェアリー」全幕の夢がやっと叶うからです。
 
思えばバレエ団になってから早17年が経ち、17年間で公演を
22回開催しました。定期発表会は37回を数え、外部出演も数多く、
よくここまで体がついてきてくれました。
 
「Sakura 桜」は恋人を待ち続けるお姫様のお話しで、私が主演
することになり、哀愁漂う作品にしたいと意欲が湧いてきます。
 
「フラワーフェアリー」全幕は主役ペリを2人のバレリーナが踊り
分けるところが見どころです。そして小さい子も輝けるところ満載です。
 
さあー今年も素晴らしい思い出の年にしましょう。
大丈夫意欲があればなんでもできる。
 
今年を楽しみましょうね一緒に。
 
 
美香子先生より
 

2016年11月16日水曜日

「今只今をお大事に楽しんで」

第37回定期発表会がもうすぐそこにやってきましたね。
みんな良い仕上がりになってきました!
 
本番前で少し堅くなってきていますが それだけみんな真剣に
打ち込んできた証しです。本番の日は細かいことは考えず
のびのびと楽しく踊ることが重要です。
 
昨日、土岐の三仙院の庵主様から届いたお手紙に「今 只今を
お大事に楽しんで」「どんなに大変でも苦しまず楽しんで」
とありました。
私への励ましの言葉と共に御守りまで送って下さいました。
愛犬ルージーが繋いでくれた大切なご縁、今までも苦しい時、
悲しい時にいつも暖かいお言葉を下さいます。
 
大切なことは失敗を恐れず今 只今を大切に楽しみながら踊って下さい。
みんなを応援してくれた人たちへの感謝と愛を忘れなければ大丈夫、
力は出るはずです。
 
今 只今を楽しんで頑張ってね。
薔薇の花言葉は愛。
 
 
美香子先生より
 

2016年11月5日土曜日

可愛い窓辺

秋が短く、あっという間に冬がやってきました。
 
バレエスクールの窓辺にも冬の精がやってきて、
可愛い窓辺に灯りが灯りました。
 
冬は寒いけれど、素敵なコートやマフラーでお洒落をしたり、
子供なら雪だるまを作ったりと冬の楽しみがあります。
 
そういえば、スクールカラーとなったブルーは私が幼い頃に
百貨店の子供服売り場のお人形が着ていたシャーベットグリーン
がかったブルーのコートが欲しいと駄々をこねて、その場を
動かなくなったと母から聞きました。そこで父と母が相談して
買ってくれたそうで、その当時としては高価なコートだったの
でしょうね。そして最初に買ってもらったマルチーズのぬいぐるみ
も水色でした。   そんな訳で水色は私にとって父と母の愛情を
感じる色なのです。 
 
思い出深い水色をスクールカラーにできた私は最高に幸せ者です
今度スクールに来たら窓辺を見て下さいね。
 
スクール応援隊隊長チャッピーとスクールカラーのマフラーを付けた
雪だるまが、第37回定期発表会の大成功を願って窓辺で
笑っていますよ。頑張ってね!って。  
 
 
美香子先生より